2014年10月23日

グリーンスティ洞爺からサミット・キャビンに乗ってウインザー洞爺へ

昨年に引き続き今年もグリーンスティ洞爺へとやってきました
理由は3年前に刊行された「ミシュランガイド北海道 2012 特別版」をドライブのお伴に
キャンピングカーで北海道のグルメを満喫しながら廻ろうと思い立ちここ数年走り回っているが
洞爺湖にはウインザーホテルなるホテルがあり、その中のレストランにミシュランの星付きレストランがなんと3軒も入っているからです
 

MichelBras09.jpg
 

ちなみに今回のターゲットは「あらし山吉兆」
あの京都の名店に今回はチャレンジします


SUMMIT_CABIN09.JPG SUMMIT_CABIN10.JPG

ところであらし山吉兆に行くのであれば本来ならウインザーホテル洞爺に泊まって
吉兆で食事ってのが一般的なんでしょうけど
私にはそんな予算はありません
ということでウインザーホテル洞爺の真下の月浦地区にある
このグリーンスティ洞爺にキャンピングカーをとめ
月浦からホテルまで伸びている「サミット・キャビン」に乗って
ウインザーホテル洞爺へ食事に行こうと画策していました
 

SUMMIT_CABIN04.jpg
 


もっともキャンプ場からサミット・キャビン山麓駅まで結構距離があります
当初タクシーも考えましたが、天気も上々
お腹を空かせて言ったほうが良いだろうと、キャンプ場から山麓駅まで歩いていくことに
途中でサルナシを発見、まあ果物のキューイが山に生えていると思ってください
そんなサルナシをかじりつつ30分ほどあるいて山麓駅へ
 

SUMMIT_CABIN02.JPG SUMMIT_CABIN01.JPG


さてそのサミット・キャビンなるもの
もともとはスキー用のゴンドラだったものですが
サミットの関連でウィンザーホテルが手直しをして運営
夏の時期は遊覧ロープウェイとして営業しています
 

SUMMIT_CABIN03.JPG
 

下の動画がそのサミット・キャビンからの眺めですが
このサミット・キャビンから眺める洞爺の風景は格別で別に用事が無くともお勧めだったりします
 


 

さて肝心のキャンプ場です
 

SUMMIT_CABIN08.JPG SUMMIT_CABIN06.JPG
 

この日はお盆休みの翌週に当たったためか、はたまた天気予報が悪かったためか
真夏のオートキャンプ場のはずがキャンパーの数も少なかったのですが、特筆するのは
そんなキャンパーの中に外国人が混ざっていたことでしょうか
おそらくはお隣の国の方のようで
ぱっと見、それとは判りませんが
話している言葉は日本語ではありませんでした
レンタカーで回られているようでキャンプ用品もレンタルなのかほぼ最小限だったようですが
小さな子供を含めた家族で楽しまれていたようでした
 

SUMMIT_CABIN07.JPG
 

アメリカで流行ったものは、その後日本で流行りだすのが一般的と言われてきましたが
アジアでも同様のようで
日本で流行るものは、その後アジアの国々で流行っていくようです

キャンプなどのアウトドアは無論のこと
そのうち韓国や中国から自国で生産されたキャンピングカーで渡ってこられ
長期滞在していかれる、遠くない将来そんな日がやってくるやもしれませんね

2014年10月22日

石窯パン&カフェギャラリー「ラムヤート」

さて随分と前の話になりますが、8月中旬
またミシュランのガイドブックを携えキャンプに行ってきました

といっても一軒目はミシュランのガイドブックには掲載されていないパン屋さん
キャンプでの朝食用のパンを買いに
石窯パン&カフェギャラリー「ラムヤート」へやってきました
このラムヤートさかさまから読むと洞爺村と読めます


ramuyato02.JPG
 

映画「しあわせのパン」にもロケ地として使用されたそうですが
なんだか風情のある建物です
 



 

聞くところによると
建物はご自分でリフォームしているのだとか


ramuyato01.JPG
 

ここの特徴はなんといっても
営業日
毎週:金曜・土曜・日曜の週3日制
どうやって生計をたてているのだろうと勘ぐってしまいますね

古民家再生などもされているという噂も聞きますが謎ですね
 
 

ramuyato03.JPG
 

さてさほど広くない店内ですが
ちょっと変わったパンも並んでいました

その代表格がこのピラミッド型をしたパン
中にはジャガイモやチーズの他にエジプト塩が練りこまれていますが
スパイスとナッツが不思議な味を醸し出していました

レーズンと胡桃のパンももちもちしていて美味かった
 

ramuyato05.JPG ramuyato04.JPG
 

あくる日のキャンプの朝食は
このラムヤートのパン
そして喜茂別の道の駅で買った、真狩のトウモロコシ
「ロイシー」(これも逆さまから読んで白いトウモロコシって意味でしょうか)でちょっと贅沢な朝食となりました
 

ramuyato06.JPG
 

また来年になるでしょうがピラミッドの形をしたパンを買いにこのラムヤートを訪れたいものです

2014年10月21日

大空町東藻琴の大衆食堂「佐々木食堂」

その昔、斜里に住み義父が大空町東藻琴の職場へ勤務していたころ
お気に入りの食堂として聞いていたのが大衆食堂「佐々木食堂」

この辺の地域は海の幸も豊富なうえ近くに「北見畜産公社」を抱え肉類も美味しく
しかも斜里岳の伏流水のおかげで水が美味しい地域
食堂と言えど美味いんだと義父に教えられていました
 

14syari09.JPG
 

今回の斜里へ伺ったのは帰省でしたが、航空機とレンタカーを利用した旅と言うことも有り
女満別空港へと向かう道すがら立ち寄ってみました

この大衆食堂 佐々木食堂は
佐々木旅館という宿泊施設に併設する食堂なのですが、入口が別に設けられていますので
普通に食堂として利用できます

というか地元の方々が主に利用する食堂のようです
通常のメニューの他に黒板にはサンマや山菜の文字が・・・・
特に山菜が有名なお店なので何が有るのと聞いてみるとキノコは無論
春に採った山菜を保存してこの時期に出してくれるのだとか

どうせ山菜料理を食べるのなら春の山菜に時期に食べようと別のものを頼みます
 

14syari10.JPG 14syari11.JPG
 

我が家の奥さんが頼んだのが
「ダチョウの山かけ丼」
大空町東藻琴はダチョウの飼育が行われていて
新鮮なダチョウの肉が食べられるのだとか
 

14syari12.JPG
 

ダチョウの山かけ丼を少し頂いた
赤身の肉が鳥類にしては不自然だよな~と感じつつも
思ったよりも柔らかくて美味しかった
 

14syari13.JPG
 

私が頼んだのここの一番の人気メニューらしい
「かつ丼セット」
かつ丼にお蕎麦が付いたセットメニューです
 

14syari14.JPG
 

冒頭で書かせてもらったとおり
ここ東藻琴には北見畜産公社があり
新鮮で美味しい肉が有るところ
このかつ丼の肉も絶品でした
 

14syari15.JPG
 

義父からこの食堂の料理は美味しいと聞いていましたが、話の通りでした
次回は春の山菜の時期にまた訪れたいと思います

カテゴリー

アーカイブ