2014年12月18日

シャングリ・ラ_ホテル_バンコクのプール

さて今回宿泊した
シャングリ・ラ ホテル バンコクには2つのプールがあります
メインプールはシャングリラウィングにあるプール
こちらの写真はシャングリラウィング24階にあるホライゾンクラブ・ラウンジから撮ったものです
 

thailand62.JPG
 

このシャングリラウィングにあるプール
いかにも南国の雰囲気がただよういかにもってプールだったのですが、なにぶん人が多すぎているうえ
ビーチチェアーも埋まっているようてした
せっかく此処まで来て芋洗状態は幻滅してしまうので、ホテルにあるもうひとつのプールに伺うことに
 
thailand63.JPG
 

それがグルンテープウィングにあるプール
こちらのプールはクルンテープウイングの宿泊者のみしか使えないため、貸し切り状態でした

まるで競技専用のプールのように長方形で風情があまりないのが玉の傷ですが、他に客もいないのでこちらを使わせていただくことに


thailand64.JPG

ビーチチェアーに腰掛けて、ふとチャオプラヤー川を覗くと水面には魚がウジャウジャと戯れています



 

ところでタイで川魚と言って思い出すのが「ティラピア」
和名を「いずみ鯛」と言う鯛に良く似た白身で淡白な味が特徴の食用魚です

ここタイではこのティラピアの養殖が盛んなんだそうですが、その昔、日本の今上天皇陛下が皇太子時代にタイの食糧難だったころに贈られたものが繁殖したそうだ
ちなみにここタイでは「明仁」陛下の「仁」(ニン)に魚を示す「プラー」を加えて、プラー・ニン(仁魚)と呼んでいるそうだ
 


(ウィキペディアより拝借)


このチャオプラヤー川に大量にいる魚が、プラー・ニンなのかどうかは判りませんが、そんな逸話を思い出しつつ・・・・ついでに釣竿を持ってくるべきだったと後悔しつつ
プールサイドからチャオプラヤー川をぼんやり眺めることになりました

2014年12月17日

着いたその日にホテルの朝食?ホライゾンクラブ

朝の6時前にバンコクのスワナプーム国際空港にたどり着き
エアポート・レール・リンクとBTSを乗り継いで、シャングリ・ラ ホテル バンコクへやって来たのだが
それでもホテルに着いたのは午前7時半くらいでした
クルンテープ・ウイングで超アーリーなチェックインを済ませたあと
部屋でまったりも良いのかもしれませんが
どうせならと言うことで、さっそく今回の旅のお目当てである
シャングリラウィング24階にあるホライゾンクラブ・ラウンジへ

ここはチャオプライ川を眺めつつ
限られた宿泊客だけが終日のドリンクサービス、アフタヌーンティー、アーリーイブニングカクテルなどに加え、朝食が楽しめるプライベートな場所です


thailand54.JPG
 

ラウンジについたのが朝の9時半くらいの時間帯だったため
朝食は皆さん済ませた後らしくラウンジにはほとんど利用者はおりません

ちなみにここでこの後の2日間
朝食は無論のこと、コーヒーを飲みに来たり
カクテルタイムを楽しんだりと重宝させていただきました
 

thailand55.JPG thailand56.JPG
 

コーヒーだけとも思いましたが
朝食用に並べられている、アジアン料理や本格的に焼かれたパンなどがあまりに美味しそうなので
明日からと言わず
到着したその日から朝食は食べれるのかと
部屋の番号を告げ、ダメもとで朝食はと聞いてみると

OKとのことでした(これは最終日が早朝にチェックアウトだったためか、はたまた
たまたま担当者がOKしてくれただけだったかは判りませんが)
 

thailand57.JPG thailand58.JPG
 

ビュッフェには色とりどりの南国のフルーツや
清涼飲料水(アルコール類はカクテルタイムまでお預けです)もありました
 

thailand59.JPG thailand60.JPG
 

もちろん淹れたてのコーヒーや注文を聞いてから料理してくれる卵料理など
チェックインしたその日にさっそくラウンジで朝食というフライングをしつつ

今日これからの行動計画を練るこことなりました
 

thailand61.JPG

2014年12月13日

バンコクでの宿はシャングリ・ラ_ホテル・クルンテップウィング

さてバンコクでのお宿のお話ですが
アジアへの旅は超が付くような最高級ホテルがほどほどのお値段で泊まれることから
ついつい名の知れた高級ホテルを予約してしまいます
 

thairand47.JPG
 

今回(ちなみに2014年のお盆休)のバンコクでの宿は
チャオプライ川の畔にある「シャングリ・ラ ホテル バンコク」といたしました
シャングリ・ラは香港やペナン島で宿泊していますが、これが3軒目となります
 

tharland36.JPG tharland37.JPG
 

しかも今回はちょっと奮発してスタンダードのメインウイングではなくクルンテップウィングといたしました
このクルンテップウィング
標準でも44平方メートルのデラックスバルコニーツイン
 

tharland39.JPG
 

全てがチャオプラヤー川に面したバルコニー付きの客室で
バルコニーからはチャオプラヤ川がこんな感じで一望できます
 

tharland38.JPG
 

ついでにバルコニーにはこんなおまけも
鳥にでも頭をかじられたのでしょうか
 

thairand50.JPG
 


ところで今回このホテルを申し込むきっかけがその料金の安さ
高級感のあるクルンテップウィングなのですが何故か安い?
その理由はクルンテップウィングにあるリバーサイドラウンジが工事中で8月いっぱい閉鎖されているためでした
不便な分、安いというわけですね
そうこのクルンテップウィングは通常リバーサイドラウンジで
終日のドリンクサービス、アフタヌーンティー、アーリーイブニングカクテルなどが楽しめるはずでした
それが工事中で使えないためクルンテップウィングの部屋は利用されたはいませんでした
たしか公式HPからのクルンテップウィングの予約は不可だったほどです 
 

thailand53.JPG
 

今回申し込んだのも割と早めだったためか何故か申し込めました
しかもリバーサイドラウンジは使えませんがメインウイングにあるホライズンラウンジが利用でき
一人14千円程度とう格安料金でした

さて恒例となっているホテルの部屋の設備です

バスルームはオーソドックスなタイプで
シャワールームにはレインシャワーがついています
 

tharland43.JPG tharland44.JPG
 

アメニティはこんな感じ
 

thairand52.JPG
 

デスクには有線LAN(もちろんWi-Fiも)が使えるうえ
100V用というかマルチタイプのコンセントも設置されています(実際は220V)
 
 
thairand49.JPG thairand51.JPG
 

デスクの中にはこんな備品も
ここシャングり・ラ バンコクは日本のビジネスマンにも人気があると聞いていましたが、こんなところもその理由かも
 

thairand46.JPG
 

バーには無料の水に加え
冷蔵庫はアルコール以外の飲み物が無料となっていました
 

tharland40.JPG tharland41.JPG
 

ガウンにセフティボックスそしてアイロン
そうそうホライゾンクラブでは2着のアイロン掛けが無料となっていました
実は会社から直接ここまで来ていますのでここで
ブレザーやズボンを出すことにします
 

thairand48.JPG tharland42.JPG


そうこうしている間にウエルカムドリンクが運ばれてきました
チャオプラヤー川を眺めつつ冷たく冷やされたジャスミン茶をいただいたら
朝食?を食べにメインウイングのホライゾンクラブに向かうこととします
 

tharland45.JPG


カテゴリー

アーカイブ