« ビア・ワークスちとせでクラフトビール飲み放題 | メイン | 北海道大学_緑のビアガーデン開催中 »

久しぶりの美笛キャンプ場はまるで海水浴キャンプ

午前6時まだ開場まえの美笛キャンプ場ゲート前の様子です
そんな時間ですがすでに6台ほど入場待ちの車が並んでいました


17bifue01.JPG
 

しかもゲートの柵越しにキャンプ場内を覗いてみると、湖畔沿いはすでに埋っている模様
こんなにたくさんの皆さんが昨日の夜7時までに入られていたんですね
(そういやその日はプレミアムフライデーでした)
 

17bifue02.JPG
 

なんでこんなことまでしないと入られないのか、いやそんな苦労をしてまで入るのか
それは何といってもこの美笛キャンプ場の人気の高さを物語るもので
恵庭岳を望む支笏湖の眺めはキャンプ場としては北海道でもそうそうみられる景色ではないですし
そんな景色を望む湖畔近くにテントを建てることも可能です
 

17bifue09.JPG 17bifue10.JPG
 

湖畔とは反対側となる巨木の森の雰囲気もまずまず
他に札幌圏から近いのも理由の一つでしょう
しかもここ数年キャンプブームが再燃しているそうで、ここ美笛キャンプ場は予約が取れない替わりに先着順となるため週末の朝7時の入場にはかなり車が並ぶのだとか
まぁ10時くらいまでは何とか入場できるのでしょうが、キャンピングカーを停めるとなるとやはり場所の問題もあります
ということで開場の1時間前から並んでいました
 

17bifue08.JPG
 

7時過ぎに無事入場、湖畔は当初からあきらめていたのですが、なんとか木立のなかの涼しげな場所にサイトを構えることが出来ました
 

17bifue03.JPG
 

デカゴンを広げキッチンをセットしたら
朝から樽生ビール10ℓを開けます
 

17bifue04.JPG 17bifue05.JPG
 

ツマミは枝豆のサンバル炒めと
朝食となるカレー
これは円山にあるルーカレーの専門店「クロック」のカレーをテイクアウトしたもの
このカレー本格的な欧風カレーでかなりの濃口、ビーフがとろとろにとけた濃厚なカレーでした
なんだか朝から贅沢な瞬間です
 

17bifue06.JPG 17bifue07.JPG
 

朝飯をビールをいただきつつ食べた後はシャワーを浴びます
ここ美笛キャンプ場のシャワーは10分間と長い時間シャワーが浴びることの出来るのですが、料金もワンコイン(100円)と激安です
昼からは混み始めるのが判っていましたので早めに浴びることにしました

シャワーを浴びた後、キャンプ場のゲートを顧みると
看板が入場者を塞いでおりました
それが噂の入場制限となる「満車」の看板でした
 

17bifue11.JPG
 

シャワーを浴びたら
次は冷や麦を茹でて、美笛キャンプ場の冷たい水で〆て冷や冷やをいただきます
ここまで飲みすぎたか、この辺りでちょっくら昼寝
 

17bifue12.JPG
 

夜は分厚いステーキもごちそうになりました
先般食べた「いきなりステーキ」を思い起こすステーキです
 

17bifue13.JPG
 

お腹がいっぱいになり、日もくれたところで焚き火

17bifue14.JPG

ただこの辺りで昨晩のビアホールと早起きがたたり
睡魔が襲い就寝、キャンプ場であることを忘れるほど熟睡してしまいました

17bifue16.JPG

と言う事で翌朝は朝早くに目覚め
珍客と遊んだりもしました


17bifue17.JPG

そうそうキャンプ場に入ってくるキャンパーが居ないと思ってましたが
わけは退場際にみたこの看板
まさに不幸の看板、夏の美笛は敷居が高かった

17bifue18.JPG

About

2017年08月05日 21:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ビア・ワークスちとせでクラフトビール飲み放題」です。

次の投稿は「北海道大学_緑のビアガーデン開催中」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。