« サンディエゴで見かけたキャンピングカー達 | メイン | 古山貯水池「プルコギ」キャンプ »

サンディエゴ日曜の朝はガスランプクオーターのファーマーズマーケット

サンディエゴ最終日
っていっても午前便で成田へ向かうため朝飯を食べたら、荷物をまとめ空港に向かわねばなりません
そうそう前日にルームキーパーいやもといスィート・アテンダントのサンドラさんから、こんな手紙を貰っていました
ベットに枕銭を置いたら朝の散歩に出かけることにします
 

sandiego326.jpg
 

さて今回宿泊したホテルのあるダウンタウン・ガスランプクオーターでは
毎週日曜の朝、ファーマーズマーケットが開催されています

ファーマーズマーケットといえば近隣の農家直送の採れたて野菜やハチミツ、手作りジャムなどが露店で売られていますが、それらを日本に持って帰るのは結構大変
けれどそれらの屋台に交じって熱々のパニーニやクレープなどのファストフードを目の前で作ってくれる屋台があり
ファーマーズマーケットは観光客には魅力のある場所となってます
ということでホテルでの朝食をパスしてまで、ここで朝飯をテイクアウトしようとホテルからポツポツ歩いてやってきました
 

sandiego327.jpg sandiego328.jpg
 

昨日行ったリトルイタリーのファーマーズマーケットほどの規模では有りませんが、なんだか美味しそうなものを売る屋台が数件目に入ります
そうそうリトルイタリーのファーマーズマーケットで見かけた
クレープのお店「La Creperie」もありました
昨日食べて美味しかったので、今日も注文

あいかわらず鮮やかな手つきで焼いてくれます
渡されるときに「昨日もリトルイタリーに来ていて買ってくれたでしょう」と一言添えられました
 

sandiego329.jpg
 


近くで上記の鮮やかな手つきの料理とは真逆で
新たに出店するらしいお店が
慣れない手つきでジャガイモを焼いていました
お店のの名は「Spudz Potato
ホームページまであるお店です
そのホームページを覗いてみると先月始めたばかりのようです


焼いているプロパンガスの調理器具に興味があり、写真を撮らせてくれと頼むと
みんなで並んでポーズをとってくれます
で、撮った写真がこれです

ここまでしていただいたら、そのまま帰る訳にはいきませんね
一個買っていくことにします
 


sandiego331.jpg sandiego330.jpg

「ブレックファーストフレーバー」ってのを注文
細切りされたジャガイモにチーズ、ベーコンをトッピングしてホットサンドメーカーのような器具で焼いていました
目玉焼きを載せたら完成
半熟の目玉焼きは崩すとジャガイモと絡まり美味かった
 

sandiego333.jpg 
 

そうこうしていると小雨がパラパラぱらついてきました
ホテルの部屋着戻り
まだ朝っぱらですが、呑み損ねたワインとビールとともに最後の晩餐ならぬ朝食となりました
 

sandiego332.jpg
 

こういったときに役に立つのが日本から持ってきた「箸」だったりします

About

2013年07月26日 05:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「サンディエゴで見かけたキャンピングカー達」です。

次の投稿は「古山貯水池「プルコギ」キャンプ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。